ぼっちラジオ

劇団とタレント事務所に所属する事の違い

投稿日:

どこかに所属、というと、
今まで劇団しか経験がなかったので…

自分が請け負う仕事というのも
劇団の作品のうちのどれか
という、狭い範疇だったのですね。

そんなノリで、事務所に所属したら
仕事はマネージャーが何かしら
割り当ててくるものだと思っていました。

それも間違いではないんでしょうが。。

劇団の作品よりもはるかに多くの、
そして色んな種類の案件が
日々、事務所に入ってくるんですね。

そして事務所に所属するタレントも
何百人いるのに対して
マネージャーは数人…

そこで仕事がしたいと思ったら、

自分はどんな仕事をしたいのか。
どういう強みがあるのか。

これをタレント自身が明確にしなきゃ
いけないんですね。。

「この子はこういうのが強いから
この仕事に推薦しよう」

って、全部マネージャーが
やってくれるものだと勘違いしてましたわw

そうか、自分で主張していいんだ。

「私は」こんな仕事がしたいんです。

「私は」この仕事ならだれにも負けません。

ってアピールしていいんだ…!

はー…
目から鱗です。

という今日の音声です。

 

この本を読んだのですが、
社内オーディションの前に
読んでおくんだったw

どういうボイスサンプルを作ればいいか
明確に書いてくれていたので、
私も何か読む題材を考えて自分なりに
作ってみようと思いました。

 

 

-ぼっちラジオ

Copyright© クリエイティブな大人のすゝめ , 2019 All Rights Reserved.