ブログ

欲しいもの呟いた翌日に50諭吉振込まれた話

投稿日:

会社の同僚が興奮気味に話しかけてきた。

「iMacの新しいのが発表になった!
俺、今回は買おうかな!」

さっきから確認端末のiPadを
弄ってると思ったら仕事じゃなくて
Appleのサイトを見てたんかいw

「へぇ〜買っちゃえ、買っちゃえ〜w」

「うーん。。あ、でも
カスタマイズすると30万超えるなぁ…」

「りんごローン使えば手数料無しで
分割で買えるんじゃない?」

「どうしようかな〜…」

という会話を会社でしていました。

iMacねぇ。。

デスクトップパソコンは
まだWindows10動くしなぁ…

そういやこないだ写真撮ってもらった
スタジオで使われていたな、iMac

確かにデザインもスマートだし、
配線周りもスッキリしそうでいいなぁ

どうやら今回のスペックは凄いらしいし、
きっとサクサク動くんだろうな。。

音楽制作にも使える?
ちょっといいかもなぁ…

と、思って思わず呟いた↓

そしたら翌日、3/21
春分の日に。。

「おっちゃん、買ったるで!」

って、

その日のうちに50諭吉
口座に振り込まれる
ミラクル!

話をだいぶ端折ってるので
誤解されそうですが
「パパ」じゃありませんw

LP制作で関わっている
ビジネスパートナーからです。

「大好き!」

ってメッセージ送りそうになりましたけど←

今後、もっとクオリティ高いLPを
作成してほしいから、それに必要な
パソコンやソフトを用意します。

というメッセージがあり、
前日の私の呟きを見たのかは知りませんが
「デスクトップのMacとか…」

とあったので。。

マシンはこのスペックで。
ソフトはこれが欲しいです!

と、見積もりを出してからの
即時振込。。

バブルって私経験していないんですけど
こんな感じなのですか…?!

50諭吉近くを何のためらいもなく
要求する私も私ですかね(汗)

「いくらまで大丈夫ですか?」

って聞きそうになったのですが。。

そのビジネスパートナーは
そういう質問は嫌がりそうなので
しれっと、事務的に見積りを出しました。

iMacもそこそこ高いけど、
モリサワフォントの
料金も相当エグイよね。。

「そんなに払えるか~!」

って言われたら、

「じゃあモリサワフォント
2ライセンスだけでも…!」

と答えるつもりでしたw

 

と、いうわけで早速iMacを
注文しました。

届くのはまだ先みたい。

今後に作って欲しい参考LPを見て
「ぉ、ぉぅふ…(めっちゃ動いてる)」

と一瞬怯みましたがね

出来ない言い訳を封印されてましたのでw
50諭吉で←

こんな先行投資をしていただいたので
どんどん力付けて、いいサイトを
制作していこう!という返報性の法則を
イイ感じに使われました。

ほんと、人に行動させるのが
上手だわ。。

自分でもびっくりなミラクルで
新型Macを引き寄せたお話でした。

-ブログ

Copyright© クリエイティブな大人のすゝめ , 2019 All Rights Reserved.