わたしのこと 私の世界観

声優という職業を意識するようになったきっかけ

投稿日:

…考えてみたら文通なんて
今は廃れた文化だね。

今はメールですらなくて、
LINEとかSNSのメッセンジャーで
いろんな人と繋がれるもんね。

私が小学4年生の頃
90年代半ばくらい?

「ねこ倶楽部」

という猫の雑誌を
買ってもらって読んでいました。

その雑誌に文通相手募集という
コーナーがあったんですね。

見てたらちょうど自分と同じ歳の
女の子がペンフレンドを募集していて。

興味を持ったので手紙を送りまして。

そこから小学校卒業するくらいまで
文通をしていました。

彼女(Kちゃん)は富山県出身で、
文通し始めた1年後くらいに
東京に引っ越したようです。

他にも文通相手を探していたみたいで
心臓が悪かったMちゃんを紹介して

私⇔Kちゃん
Mちゃん⇔Kちゃん

という風に文通していました。

今ならLINEグループで
やるよねwきっと。

大人びた性格のKちゃんと
文通をするようになって、

それまで岩手の片田舎の
コミュニティでしか知り得なかったことも
知るようになりました。

猫のことに止まらずに
イラストのこととか

ちょっとスピリチュアルなことも
話題になったかも!

幽霊話やパワーストーンのこととか。

で、将来の夢の話になって
Kちゃんは

「声優」

を目指している、と聞きました。

アニメに声を当てている
役者さんとのこと。

普段見ているアニメに
声を吹き込んでいる人がいるんだ!
意識したことなかった!

アニメのいろんなキャラクターになれるんだ!
なんて楽しそうな世界!

声だけの出演だったら
運動が苦手な私にもできるかも!

国語の音読でよく褒められるし!

って、Kちゃんに言ったら

え…国語の音読が褒められる程度で 目指せる職業じゃないよ?

と、ちょっと辛辣な返事。゚(゚ノ∀`゚)゚。

ちょっとだけ傷つきましたが
そんなのこれから頑張ればいいんだし!

私も声優目指そう!

この時に思いました。

考えてみたらKちゃんと
文通していなかったら
今の私はなかったかも!

パワーストーンについて、そして
声優という職業について。

自然消滅的に文通が止まって
しまったのだけれど間違いなく
私の人生に影響を与えてくれました。

これが私が声優を目指すようになった
というか意識するようになった
最初のきっかけです。

-わたしのこと, 私の世界観

Copyright© クリエイティブな大人のすゝめ , 2018 All Rights Reserved.