わたしのこと 私の世界観

運動音痴な私が選んだ友達は消しゴムと…

投稿日:

保育園時代の記事にも書きましたが…

勝ち負けのある事はしたく無い!

なぜなら負けて恥ずかしい思いを
したく無いから!

100%勝てる戦いでは無いのなら
最初から挑みたくない!

というプライドの高さは相変わらずでして。

そして私はものすごい運動音痴なのです。。

体力筋力は人並みにあるけど
瞬発力がない。。
平衡(バランス)感覚がない。。
ボール投げのコントロール力ゼロ。。

平均台の端からそれぞれ二人がダッシュして
真ん中でタッチして
「ど〜ん!ジャンケンポン!」
という遊びが当時流行っていたけど

まず細い平均台の上で走るとか
既に意味分からないし

あ、あと長縄跳び!
あれ嫌いだった!

入るタイミングが分からないから
いつも私が引っかかってカウントを
止めてしまうし。。

その運動音痴が原因で
いじめられた記憶というのは無いけど
プライドが高すぎる私には物凄い
屈辱な事だったんですよね。

そんな中で仲良くなったのは
生まれつき心臓が悪いMちゃん。

病気のため、体育の授業を
免除されていたのです!

なんて羨ましいんだ!

めちゃくちゃ不謹慎ですけど、
体育とか運動しなくていいなんて
本当に羨ましかったです。

それだけじゃなくて彼女とは
話も合ったのですぐ友達になって
休み時間は彼女と一緒に遊んでいました。

お互い絵を描くのが好きだったので
お絵かきをしたり、
消しゴムや鉛筆に名前をつけて
ごっこ遊びをしていました。

これらは勝敗のない遊びなので
ストレスなく遊べたんですね。

-わたしのこと, 私の世界観

Copyright© クリエイティブな大人のすゝめ , 2018 All Rights Reserved.