わたしのこと 私の世界観

「私の事は放っておいて」筋金入りのコミュ障園児

投稿日:

私が初めて家以外のコミュニティに
参加したのは保育園で
(大層に書くものじゃないけどw)

私が入園したのは4歳の頃。

保育園だから、他の園児は
乳幼児から入園してる人も多かったり

つまり、すでにある程度出来上がってる
コミュニティに転校生のごとく
私が編入してきたんですよね。

なので先生も
「リョヲちゃんと仲良くしてね」
と他の園児に言うし

他の園児も先生が言うから(?)
私に話しかけて遊びに誘おうとする
コミュ強な子もいたわけです。

そこで当時の私が感じたのは

「みんな先生に言われたから
仕方なく私を誘おうとしているんだな
そんなことしてくれなくて良いのに。
そんな気を遣ってまで仲良くしたくないし
されたくない!ヽ(*`Д´)ノ」

と思ったんです。

だから

「私の事はいいから。
来たばかりで分からないし邪魔したくないから
あなたはあなたのお友達と遊んでればいいよ」

みたいな意味のことを
伝えたのを覚えています。

可愛くないなぁw

でもまぁ、なんだかんだで
馴染んだし、友達もできたので
そこまで重症なコミュ障でも
ないのかもしれないですけど。

コミュ障というか人見知り?

ここで書いていて気づいたんですが
私は

  • 誰かと競争しなきゃいけない
  • 点数がつけられる
  • 比べられる

のが嫌だったんですよね。

負けて恥をかくくらいなら
最初から戦わない選択をするという。

子供の遊びって鬼ごっことか
そういうのが多いじゃないですか。

そもそもその鬼を決める
じゃんけん
が嫌だったし。

ごっこ遊びとか、勝敗の関係ない
ゆるい遊びだったらやりたいのですが
勝ち負けのあるゲームは
出来るだけ避けたかった。

結果、

「一人でいた方が楽だ」

という結論に達したんですよね。

平和主義というより単に
負けず嫌いでプライドが高いだけなのかも!

努力が認められて高く評価されたり
何かで1位になるのは嬉しいんですが、
競争心を煽られると途端にストレスになります。

だから鬼ごっことか体育の時間は
ストレスでしかなかったな。

一人で完結できるテレビゲームとかは
好きだったんですけどね。

4歳の頃からすでにこんな感じだったので
これはもう生まれ持った気質と
諦めてますw

普通に友達は作れたし遊ぶのは好きだったので
人間が嫌いというわけではなく(!)
競争させられるのが嫌だったという気づきでした。

-わたしのこと, 私の世界観

Copyright© クリエイティブな大人のすゝめ , 2018 All Rights Reserved.